スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.08/26(Wed)

最期の戦い

広場に戻ると、月が出ていた。

mhf_20090826_003703_375.jpg

今日の記事が、最後になる。
だから、正直に全てを書こうと思う。
最後の最後まで迷っていたが、書こうと思う。
隠してきた事、本当の目的、そしてこれからの事を。

当ブログをいつも閲覧して下さった皆様方。
どうか、筆者の最後のぶっちゃけを許して欲しい。

【本文】

mhf剛種テオ・テスカトル_ソロハンマー討伐_原画_1

雌雄を決するために突入したエリア2、睡眠爆殺をする予定が狂ってしまった。
少々早く踏み込んでしまったのだが、本来であれば即座にエリア移動すれば問題ない。
しかし、特殊クエストだからだろうか。
入ってきた道には、大きな岩が立ち塞がっていた。

このままやるしかない。

mhf剛種テオ・テスカトル_ソロハンマー討伐_原画_2

狭いエリアの壁際に挟まれ、早くも被弾した。
回復薬Gを2つ使った。
残りはあと3つ。

mhf剛種テオ・テスカトル_ソロハンマー討伐_原画_3

ここで死ぬ訳にはいかない。
長距離ブレスが真正面から来た。
避けるスペースなど無い。
終わった、と思った。

、、、が、身体が反応してくれた。
まだ首の皮1枚で繋がっていた。

mhf剛種テオ・テスカトル_ソロハンマー討伐_原画_4

スタンプが一瞬遅れたミスで、回復薬Gが残り1つになった。
もうHPを全快できない。
次は、確実に死が待っている。

mhf剛種テオ・テスカトル_ソロハンマー討伐_原画_5

これが最後のチャンスかもしれない。
焦る気持ちを押さえ込み、縦3を振るう。
だが、2発目を外してしまう。
もう一度ダウンを取れる自信など、既に無かった。
起き上がろうとするテオに、祈りながら3発目を振るった。





、、、テオが立ち止まった。

mhf剛種テオ・テスカトル_ソロハンマー討伐_原画_6

『 全てのマストオーダーを達成しました 』
いつもと違うアナウンス、切り替わらない画面に、何が起こったのか分からなかった。

mhf剛種テオ・テスカトル_ソロハンマー討伐_原画_7

ゆっくりと沈むテオを、呆然と眺めていた。

mhf剛種テオ・テスカトル_ソロハンマー討伐_原画_8

どうやら、勝った、、、、らしい。
奇跡が起こったのである。
否、起こしたのである。

mhf剛種テオ・テスカトル_ソロハンマー討伐_原画_9

地面から飛び出すプー太郎を見て、やっと正気を取り戻せた。
そう、勝ったのだ。
そして、生き残ったのだ。

壁際で被弾する度に、このままハメられて終わるかもしれないと何度も諦めかけた。
だが、その度にプー太郎がひょっこり顔を出した。
馬鹿みたいな話だが、その存在に何度も救われた。
ダメ元で回避を試みて、命を繋いだ場面も何度もあった。
1人じゃない事が、これほど温かいと思った事は無かった。


少しずつ喜びが込み上げてくる。
未熟なハンマー使いが、上位武器のバルカンバスターで、剛種テオに勝てた。
エンコードが終わればアップしようと思っている動画を見てもらえれば分かるのだが、ブレスと粉塵爆破の時にスタンプをしていただけである。
振り向きスタンプは、ほとんどが失敗に終わっている。
それでも、諦めなければ勝てるんだと証明できた。
特別な武器や防具が必要じゃない。
挑戦する事、諦めない事、この2つだけで剛種ソロは出来るのだ。

剛種ソロが1つの線引きと言われているMHF。
そして、近く実装されると言われている剛種ナナ、これはソロ専用になると聞いた。
これにより、剛種ナナ武器の所持が1つのステータスになるのではないかと噂されている。
求人区では、ナナ武器の所持縛りが起こる可能性まであるらしい。
こんな話を今週の始めに、アチコチの記事で目にした。
こんな奢った奴等の話を聞くと、虫唾が走る。

血の通った人間がプレイしているMHFである。
プレイの上手い下手で差別する思想が、筆者には全く理解出来ない。
こういう事を考える人間というのは、他のプレイヤーをNPCとでも思い込んでいるのだろうか?
もし自分の弟や妹がクエストで足を引っ張ったとしたら、同じように地雷扱いするのだろうか?
逆に、剛種をソロで狩れる人間は神様にでもなれるか?
それはどんな特権階級なのか、是非筆者に教えて欲しい。
他人と比較し、優劣を付け、ちっぽけな優越感に浸る。
そんなものは思春期の中学生で卒業しないといけない。
そもそも、こんな馬鹿なことを考えている暇があったら、素人でも剛種に勝てる方法を考えてもらいたいものである。

それに、剛種テオはスタンプさえしていれば勝てるのである。
これが出来たからといって、何が偉いのだろうか?
何が凄いのだろうか?
もっと強い剛種武器を使えば、もっと早く倒せる。
剛種ソロの線引きなど、所詮は幻想なのである。
この程度で満足していてはいけない。
そして、この程度にビビッていてはいけない。
勇気を持って、前に進んで欲しい。





ここから先が、本当のぶっちゃけになる。
気分を害される方が出ると思う。
それでも見ようと思う方だけ、読んで欲しい。
そして、筆者がどれほど愚かな人間なのかを知って欲しい。










mhf_20090731_221520_812.jpg


今、筆者は片目がほとんど見えていない。
異変を感じたのが、剛種クシャに挑み始めた頃だろうか。
太刀の斬撃の間合いが、全く計れなくなっていた。
最初は違和感だけだったのだが、次第に悪化していった。
バランスの悪い視界に、自分でも驚くほどモンハンが下手になっていった。
常々自分はPTプレイヤーだと自負している筆者だが、次第にソロアリーナに篭るようになっていた。
PT戦に出るのが、怖かった。
MHFを止めようかと思った。

だが、まだ本当の目的を果たしていなかった。



mhf_20090705_204930_562.jpg


筆者は、ハンターとして更なるレベルアップが出来る可能性を模索してMHFに来た。
モンハンとは何か、その答えを見つける為にMHFに来た。
だが、一番の目的は他にあった。
大切な友人を探しにMHFに来ていたのだ。

彼は自分にとって、モンハンの師であり大切な友人である。
だが、まだP2Gで遊んでいた頃に“非常にデリケートな事情”で突然姿を消してしまった。
ずっと行方を捜していたのだが、見つからなかった。
しかしモンハンを心から愛する彼のこと、きっと名前を変えてどこかに潜んでいるはずだとも思った。
名前が分からなくとも、自分ならその動きを見れば必ず分かる。
それに、あれだけの腕前を持つ彼なら自然と噂にも上がってくるはずである。
そう思って探したが、P2Gの世界では見つけられなかった。

途方に暮れていた時、ふいにMHFへの誘いを受けた。
P2GとMHF、当時のモンハン界の2大勢力であった。
少し迷ったが、思い切って覗いてみることにした。
野良でブラブラと遊ぶのが好きな彼なら、MHFでもきっと自由区にいるはずである。
お手伝い募集などには、喜んで飛び付く性格だからだ。
だが、入門区では見つける事が出来なかった。

mhf_レギス&ネコミミ

そこで、筆者の名前が少しでも広まれば、それだけ出会える可能性が高まると考えた。
こうして当ブログを開設し、彼に教わった事を書いていった。
彼ならピンと来るはずのキーワードを散りばめ、自分は此処に居ると伝えたかった。

あれから自分はこんな事をしている、こんな事を考えている、、、。

伝えたい事は沢山あった。
それを全部記事にした。
でも、決して届く事は無かった。
しかし、思い付きで始めたブログに読者がいる事に気づいた。
ちょうどベルキュロスに挑んでいる頃だろうか。
最初は戸惑った。
コメントを頂いて、どう返せば良いのか分からなかった。
恐る恐る返事を書いてみた。
すると、次の記事にもコメントを頂いた。
ずっと1人だった筆者は、涙が出た。
何故かは分からないが、うるっと来た。
P2G時代に知り合った友人は沢山いた。
しかし、一番大切な友人を探すために彼らの元を離れていた。

もしかすると、淋しかったのかもしれない。



mhf_20090712_183548_109.jpg

こんな自分勝手なブログを読んでくれる人がいた。
コメントまでくれる人がいた。
申し訳ない気持ちで、胸が一杯になった。
せめて自分に出来る事で何か返せないか、必死に考えた。
こうして、いつしか当ブログは 『自分の知り得る知識・技術を出来る限り書いていくモノ』 に変わっていった。
読んでくれた人に何かを恩返し出来れば、と考えての事であった。





mhf_20090812_212609_640.jpg

半ば無理矢理に挑戦した剛種クシャ。
当時、このまま失明するかもしれないと思っていた。
失明すれば、モンハンなどしていられなくなる。
ずっと探してきた彼との、唯一の接点を失う事になるかもしれないと思った。
だから、焦っていた。
剛種ソロ達成、この記事が残れば検索に引っ掛かる可能性が高まる。
モンハンが出来なくなる前に、何としてでも残しておきたかった。

自分が此処で何をして、何を成し遂げたのかを。

不安定な斬撃は、立ち回りを工夫する事でなんとか戦えるように調整した。
落ちた手数は火事場で補った。
全盛期を知っている彼が見たら、笑うかもしれない。
それでも、これが精一杯だった。





mhf_20090813_213530_218.jpg

剛種クシャを倒してから、病院に行った。
この時、もうかなり見えなくなっていた。
しかし、そこで比較的簡単な処置で回復の見込みがある事を知った。
相談の上、自分で治療計画を立てさせてもらった。
まだ遣り残した事があったからだ。


剛種クシャは、自分の為に戦った。
この記事が残る事で、僅かな希望を残す事が出来た。
次は、これまで支えてくれたみんなへの恩返しをしないといけない。
少しずつバランスの悪い視界に慣れてきたとはいえ、やはり今の自分ではハンターとして平均以下の動きしか出来ないかもしれない。
だが、そんな自分でも剛種ソロが出来るんだと証明したかった。
それを証明する事で、剛種にコンプレックスを抱いている初心者が 『これくらいなら自分にも出来るかもしれない』 と思ってくれる事に期待して。

mhf_20090824_211510_843.jpg

さて、長々と書いてしまったが。
これからの事を書く。
治療のため、しばらくMHFを離れる事になる。
、、、とは言っても、今週末までは少し猶予があるのだが。
それと、片目でコッソリ遊んでしまうかもしれないので、本当の最後ではないかもしれない(w

ただ、3鯖で活動してきたGaDの戦いは、これが最後になる。
最後の我侭を、どうか許して欲しい。
僅かな可能性に賭けて、他鯖に移る予定なのである。
もし彼と再会できたからといって、何か特別な事がある訳ではない。
ただ一言、あの時に伝えられなかった言葉を伝えたいだけである。

それでも自分は友達だ、と。





mhf_20090729_225155_671.jpg

最後に、当ブログで出会えたみんなへ。



いつもコメントをくれる、くりるらさん。
その存在に何度も救われました。本当にありがとう。

たまにお得な情報をくれる、ザバさん。
本当にありがとう。

自分の記事に応えてくれた、ティアンカムさん。
本当にありがとう。

広場で声を掛けてくれた、キングさん。
本当にありがとう。

そして、これまで当ブログに訪問してくれた、みんなに。
本当にありがとう。

諦めそうになった時、挫けそうになった時、何度も何度も救われました。
愚かな考えで始めた当ブログで、こんなにも人の温もりを知ることが出来ました。
みんなに頂いた沢山の勇気、自分はこの拙い記事で少しは恩返し出来たのだろうか。
それだけが少し心残りかもしれない。

でも、これで終わりじゃないと信じています。
いつか、もう一度元気な姿を見せられたらいいなと思っています。
今日まで、本当にありがとうございました。 GaD
スポンサーサイト
23:22  |  剛種テオ・テスカトルソロ編  |  TB(1)  |  CM(16)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

いつも名無しでコメントさせていただいてた者です
書くかどうか迷いましたが…書かせていただきます

自分はティアンカムさんのブログ記事から、GaDさんを知りました
僕はそれまでMHFはPT戦ばかりやってて、
そしてMHFの敵はPTじゃないと絶対に倒せないと思ってました
でも、このブログを読んで、そうじゃないことに気づきました…

挑戦することが、大事

僕は今、全ての敵をソロ討伐する、という目標を掲げています
PTプレイも楽しんでますが、ソロでの立ち回り研究に一番情熱を捧げています
それは、GaDさんの記事に感動したから
自分に妥協したハンターになりたくないから

数あるMHFブログで、唯一ブクマ登録しています
もう続きを読めないと思うと、寂しくもありますが…

でも、必ずGaDさんが復活してくれると信じてます
まずは目の治療に専念して…
そしてまた、挑戦する姿を見せてください!

長文失礼しましたm(__)m
 | 2009.08.27(木) 00:01 | URL | コメント編集

いつもの調子かと思ったら・・・
途中から涙がとまんない
必ずもどってきて!まってる!!
 | 2009.08.27(木) 00:18 | URL | コメント編集

だめじゃないですか!
目が悪いのに、そんな無理しちゃって・・・
ゲームなんかほっといて、体のことを第一に考えないと・・・
ほんとに、もう・・・

なんだか、ちょっと、うるうるしてます
GaDさんには、精神的なものを教えてもらいました
たかが、ゲームですけど、その向こうには生身の人間がいますからね

よくなって戻ってきてください
そうしたら、おいらの半ケツ姿を見てやってください
一緒にクエに行きましょう
そして、HRの割りに、へたっぴだなって、思ってやってください
ではでは、そのときまでー
くりるら | 2009.08.27(木) 00:30 | URL | コメント編集

GaDさん、お疲れ様でした。

出会いがあれば必ず別れもあるのですが、
こんなに早く訪れるとは。

本当はもっとGaDさんのブログを読んでいたかったんですが。
GaDさんと3鯖でPTしてみたいな、と思っていたんですが。

最初ブログを読んだとき、
何か私と似ているものを感じました。

私はいつまでもGaDさんを忘れませんよ。

いつかまた復帰される機会があるのを楽しみにしています。


でも体が一番です。
長い人生の中でMHは一時的なことです。
そんなものに一生のものを犠牲にするのは
バカげていると思います、通常は。

でもそれ以上にGaDさんにはその友人の方が
大切だったのでしょう。

他人の私にはその重みは推し量ることはできないでしょう。
私はGaDさんの気持ちがご友人に伝わるようにお祈りいたします。

短い間だったけど、ありがとう!
ティアンカム | 2009.08.27(木) 02:03 | URL | コメント編集

キングです。先日は突然の個チャ失礼しました。

色々と書いたのですが、すべて消しました、本当に自分が思っていることのみ書きます。
ブログお疲れさまでした。どのような形であれ、またお会いできる時がくることを願っております。

最後にお身体くれぐれもご自愛ください。
それでは、またどこかでお会いできることを祈りつつ失礼いたします
キング | 2009.08.27(木) 07:48 | URL | コメント編集

●初めまして。

お初にかかります。大分前からこっそり拝見させております。

いきなり書くのもなんだけど・・・書かずには居られませんので許しを。
前回のブログの終わりに、気になったことがあったのですが、
対して気も留めなかったのです、いつもの調子なのだろうと。
けれど今回のブログより一大事な事になっていたとは・・・
よく、告白しましたね。辛かったでしょう。
そして、目が悪くなってまで剛クシャ、剛テオに挑むとは・・・凄いんですが。

目の治療をしてからでも遅くはないはずなのに・・・
それほど、友人を探す事の方が大切なのですね。
きっと、きっとどこかで見てくれてる事を祈ります。

GaDさんのブログの文章は好きだと思ってます。
いつか、目が完治して元気にモンスターハンターの世界を駆け回るのを待っています。
よっこ | 2009.08.27(木) 10:30 | URL | コメント編集

kumuさんのブログからティアンカムさんのブログを見てティアンカムさんのブログで紹介されているのを見てこちらのブログを見させてもらっています。
最近はその御三方のブログは毎日見るのを楽しみにしています。
基本コメント書くことは無いのですが思わず筆(?)をとりました。

知人でも視力が落ちていって直す方法が無いと言われる方がいたのですが比較的簡単な処置で回復の見込みがあると読んで安心いたしました。
回復をお祈りしています。

またぜひ心を震わす文面に出会えることを希望いたします。

お体お大事に。
Bosty | 2009.08.27(木) 11:11 | URL | コメント編集

お疲れ様でした。
初のコメントです。このブログ大好きでした。
またいつかGaDさんが戻ってくるの待ってます!
シムシム | 2009.08.27(木) 12:28 | URL | コメント編集

初コメさせていただきます。

ブログ大変お疲れ様でした。

GaDさんの独特な言い回しやモンスターハンターに対する考え方に感銘を受け、2ヶ月ほど前から毎日見させていただいておりました。

ブログ終了はとても寂しいですが、またいつか帰ってくると期待してたまに、見に来ますね。

それでは、目の治療と回復に大変でしょうが頑張ってください!!
ShiN | 2009.08.27(木) 16:14 | URL | コメント編集

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2009.08.27(木) 20:42 |  | コメント編集

お疲れ様でした。( ^-^)_旦""

久しぶりに涙がでました。(ρ゚∩゚) グスン

目の治療をがんばってください。(´・ω・`)/~~
ザバ@鯖1 | 2009.08.27(木) 22:06 | URL | コメント編集

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2009.08.28(金) 02:24 |  | コメント編集

お前の名前、覚えておくよ・・・
 | 2009.09.01(火) 18:16 | URL | コメント編集

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2009.09.02(水) 08:36 |  | コメント編集

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2010.09.08(水) 14:03 |  | コメント編集

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2010.10.24(日) 20:07 |  | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://gadxxx.blog85.fc2.com/tb.php/80-3bdeaeef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

-

管理人の承認後に表示されます
2012/11/22(木) 16:27:56 | 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。