スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.08/25(Tue)

挑戦の日々

今日から武器種を決める作業に入る。

mhf_20090824_211510_843.jpg

餌だぞ、プー太郎。
今日から1人でテオに行ってくるからな。
今建築中の出発用施設も、剛テオの時には完成してるだろう。
やっと、お前と一緒にクエストに行けるんだ。
ただし、戦闘中は絶対に覗いちゃダメだからな。
もちろん今日の記事の中身も、絶対に見ちゃダメだ。
絶対に、だ。

許せ、プー太郎、、、。
筆者が大変な目に合っている記事など、お前には見せられないのだ。

【本文】

mhf 2009-08-24 22-35-37-203_0005

まずは愛刀の龍刀【業炎】である。
剛種クシャを倒した名刀に、間違いはあるまい。

ネコ、行きます。

mhf 2009-08-24 22-35-37-203_0003

ネコ、やった。
しかし剛種は怯み耐性値が2.5倍なので、本番では間違いなく怯んでないのだが。

mhf 2009-08-24 22-35-37-203_0004

とにかくダウンしたテオの頭を斬る練習である。
やけに頭がデカイのだが、これ全部頭なのだろうか?
怯み具合などから考えて、たてがみより後ろは胴体のような気がした。
つまり、アレである。
頭ではなく、顔を攻撃しないといけないのかもしれない。

mhf 2009-08-24 22-35-37-203_0006

ネコ、吹っ飛ぶ。
このブレスに当たったら、本番では間違いなく即死である。

mhf 2009-08-24 22-35-37-203_0008

ネコ、ピンチ。
粉塵爆発など食らったら、本番では跡形もなく消えてしまいそうである。

mhf 2009-08-24 22-35-37-203_0002

まさか下位相手にここまで手こずるとは、、、。
よく考えれば、今までテオ相手に太刀で頭張り付きなどした事がない。
毒太刀か麻痺太刀で、後ろ足ばかり斬っていた気がする。
頭狙いの時は、決まって双剣であった。
今になって思い出すとは、まさに死亡フラグのような気がしてならないのだが。

mhf 2009-08-24 22-35-37-203_0009

ネコ、無念、、、。
まさかテオがこれほど強いとは思わなかった。
ちょちょいと斬ればすぐに倒せると思っていた時点で、既に負けていたのかもしれない。
この極悪非道な古龍の雄、その剛種バージョンなど想像を絶する。

だが収穫もあった。
太刀で行くなら龍風圧無効が必要かもしれない。
ダメージの通り具合から逆算して、龍刀では火事場しか手段がない。
しかもダメージの通りが悪いという事は、なかなか怯まないので炎を纏う。
もちろん、角もすぐには壊せないだろう。
すると、炎を纏う時に発する龍風圧が非常に危険なのである。
今日の練習でも、龍風圧→突進のコンボを何度も決められた。
持久戦になるなら、龍風圧対策が必要であると体感したクエストであった。

ぶっちゃけると、ちょっと太刀では荷が重い相手である。





しかし、このままでは引き下がれない。
そこで、苦手なハンマーを担いでみる事にした。

mhf 2009-08-24 21-17-50-281_0004

ネコ、行きます。

mhf 2009-08-24 21-17-50-281_0005

ネコ、やった。
自分でもビックリするくらい、簡単にスタンした。
これは意外といけるかもしれない。

mhf 2009-08-24 21-17-50-281_0006

ネコ、もっかい行きます。

mhf 2009-08-24 21-17-50-281_0007

これは病み付きになりそうである。
テオとハンマーの相性、想像以上である。
もしこれがガチハンマー使いの方であれば、恐ろしい事になるだろうと思った。

しかし、3回目のスタン以降が難しい。
気絶耐性値が上昇しているのだろう。
振り向きスタンプだけでは、4回目以降のスタンは難しいのかもしれない。

mhf 2009-08-24 21-17-50-281_0002

そこでちょっと冒険してみると、これである。
壁際にハメられて連続被弾、やはりテオは極悪非道であると思った。
必死にコントローラーをガチャガチャやったのだが、、、。

mhf 2009-08-24 21-17-50-281_0003

健闘空しく、1乙である。
ただ、これが本番であればピヨる前に昇天してるので仕方ない。
もっと堅実に行かなければなるまい。
そう、堅実に、、、。

mhf 2009-08-24 21-17-50-281_0001

マヌケな画だが、必死にダイブしているのである。
立ち回りとしては、ダイブしている時点で既にアウトなのだが。
ついネコ頭を被ると、何故かダイブしたくなるのである。
恐らく、ダイブしているネコがマヌケで面白いからだと思う。

mhf 2009-08-24 21-17-50-281_0008

巣に追い込んだら定番のアレである。
ぶっちゃけよう、ハンマーで爆風回避などした事ない。
色々と素振りをしてみて、横叩き→即回避なら間に合いそうな気がした。

mhf 2009-08-24 21-17-50-281_0009

南無三!

mhf 2009-08-24 21-17-50-281_0010

うむ、これは簡単である。
横叩き入力から即回避ボタンを押せば、タイミングはバッチリであった。
双剣や太刀だと、微妙な一呼吸を開けないといけないので難しいのだが。
ちょっとハンマーを見直した瞬間である。

mhf 2009-08-24 21-17-50-281_0011

太刀ではあれほど手こずったテオが、あっさりと倒れてくれた。
多くのソロハンターが、テオにハンマーを用いる理由が少し分かった気がする。
まず、頭部へのダメージの通り具合が半端ではない。
更に怯みによるダウンと、スタンによるダウン。
これにより、振り向きにスタンプを入れるだけでも最初は一方的な展開になった。
スタンし難くなった後半は、少し手こずったのだが。
だが、感触としては非常に良かった。


今日の収穫は、是非ともメモしておこう。
まず、振り向きスタンプは早めに入れないと間に合わない。
タイミング的には、振り向き動作が始まる直前までにRボタンを離さないといけない。
これより遅いと、突進に巻き込まれてしまう場面が多々あった。
まさにスタンプだけを当てる感覚である。

そして、安全に行くならスタンプだけでも火力的に十分だと思う。
縦3はダウン時のみ、頭が反対側に行ききった瞬間に入力で安定した。
少し右腕を近付けた方が、確実に3発目を当てられると思った。
ちなみに、本番では強走薬が必須になるかもしれない。
未熟な腕で数少ないチャンスを確実に拾っていくには、スタミナ切れなど起こしてはいけない。
マカ壷を持ち込める余裕があれば良いのだが、最悪30分間で勝負を決めなくてはならないかもしれない。
そうなると必然的に火事場を用いなくてはならないのだが、、、。

あとは、基本的に反時計回りで動くべきだと思った。
テオの突進の右曲がりが、恐ろしく厄介なのである。
逆に、左腕の横なら突進に全然当たらないのである。
たまに来る引っかきも、外に避ければ楽に外せた。
ラージャン等でクセになっている時計回りを矯正しないといけない。

オマケだが、粉塵爆発は必ず真正面から入る事。
少しズレただけで、隣の爆発に巻き込まれてしまった。
この時のスタンプも、かなり早めに入れないと間に合わない。
下がってくる頭に当てて、頭が下がりきった時には既に回避行動を取れているようにしないといけないと感じた。
特に粉塵爆発の直後の突進は、出が早いと感じたからである。


mhf_20090816_163400_593.jpg

僅か1戦だが、ハンマーのポテンシャルの片鱗を肌で感じる事が出来た。
思い付きで作ったバルカンバスターだが、いつかテオとやり合う日が来る事を予感していたのだろうか。
否、確信していたのだと思う。
クシャを倒した日から、おぼろげにテオの姿を見ていたからだ。
しかし、まさかこれほど早く挑戦するとは思っていなかったのも本音であるが。


さて、明日は上位のテオに挑戦してみたいと思う。
体力的には、剛種のそれとほぼ同じだからである。
そして、火事場を使えるレベルの動きを作っていきたい。
前途は依然として多難であるが、挑戦している日々はやはり楽しい。
頭の中でアレコレとイメージしながら、ずっとテオの事を考えているからだ。



願わくは、この戦いの行く末に感動があることを期待したい。
スポンサーサイト
00:41  |  剛種テオ・テスカトルソロ編  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ソロのときは、ガード性能と、龍風圧無効と、砲撃王のガンランスにします
PTだと、ガンスは、いい顔されません
ころんだり、邪魔をしたり、邪魔をされたりですが、ソロはそういうこともないですし
攻撃よりも、防御優先で行きます
だから、作為的な火事場には、しません
ダメージ受けて、結果的に火事場だったは、ありますけど
くりるら | 2009.08.25(火) 18:50 | URL | コメント編集

いつもコメントありがとうございます。

結果的な火事場、というのは自分はしないです。
立ち回りが変わるので、いつもHP満タンor火事場のどっちかになってます。
常にHP満タンは自分のポリシーです(w
GaD | 2009.08.26(水) 23:36 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://gadxxx.blog85.fc2.com/tb.php/77-14863f0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。