FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.08/20(Thu)

剛種武器について

何故、剛種武器が存在するのだろう。

mhf_20090729_225155_671.jpg

ラファール=ダオラ、この一振りの双剣の登場がMHFの歴史を変えた。
そう言いきっても過言ではないと思う。
実際、筆者が所属する猟団でもラファを作ろうという話がチラホラと出るのだが。
のんびりMHFを楽しもうと、ここに集ったメンバーである。
剛種クシャルダオラを30匹討伐するだけでも、気が遠くなる。
しかし“それ”を持っていないが為に、まだ初心者のメンバーが辛い思いをする事だけは避けたい。

今回は剛種武器の性能と生産コストの比較検証を中心に、剛種武器とは何か?を追求してみたいと思う。

【本文】

まずは、代表的な剛種武器ラファール=ダオラの基本スペックから見てみよう。

ラファ

これを見て、最初に思った事は1つ。
匠スキルが空気になる武器だという事である。
他に人気のある幻雷刀【聳弧】や真舞雷剣【鳳凰】も同様に、匠スキルの有無を問わずに高火力を実現できる性能になっている。
言い換えれば、匠スキル不要である武器だからこそ人気なのかもしれない。

シリーズ中で唯一MHFだけが、最大10種類もの有用なスキルを発動できる。
特にランスのテンプレ防具などは、中の人が堕落してしまうんじゃないか?と心配になるほど有用なスキルを数多く発動できる。
この防具に匠不要の真舞雷槍【鴆】を担げば、いとも簡単に無敵ランサーに変身できるのである。

逆に、匠スキルを発動させようとすると、他に発動できるスキルが大きく制限されてしまう。
非課金装備であれば、トリアカと呼ばれる防具が優秀である。
しかし、剛力スキル以外は高級耳栓と砥石高速化のみ。
匠無しの防具と比べると、非常に厳しい。
 ※厳しいと書いたが、シリーズ全体を見渡せば究極レベルの性能である。
また、見た目もオシャレとは言い難く、普段着としての人気はイマイチだと思う。

mhf_20090706_215933_703.jpg

やはり気に入った防具を考え、そして作る事、これがモンハンの醍醐味の1つであると思う。
性能と見た目の両立に悩んでいるオシャレなプレイヤーは、案外多いと思う。
そんな彼らにとって、匠不要の剛種武器は不可欠なのだろう。

ここまで書いて、筆者が剛種武器に抱くイメージはこれである。
MHFをやり込んだユーザーの為の、サービス武器。
それは規格外であり、バランスブレイカーであり、普通にMHFを楽しむ分には過剰なものだと感じた。
実際に筆者がここまでプレイしてみた感想としては、剛種武器は絶対に必要なものという訳ではない。
こう書くと剛種武器批判になりかねないので、次はその性能を検証してみる事にしよう。





本来は氷属性双剣の1つであるラファール=ダオラ。
その登場以前に活躍していた氷属性双剣スノーホワイト。
この二振りの双剣を比較する事で、剛種武器とそれ以外の違いを見出してみたい。

性能比較1
性能比較1+

性能比較2
性能比較2+

比較対象としたのは、剛種ベルキュロスである。
剛種武器が必要になるほどの相手、となると剛種しか思い浮かばないからだ。
下位~上位はもちろん、変種でも役不足なのは否めない。
そもそも、それらのモンスターであれば普通に戦っても十分勝てる。
そこで氷属性に弱い剛種ベルキュロスでの比較検証である。
 ※条件を同じにすべく、スノーホワイトは匠スキル無しで計算している。

さて、状況は落とし穴に落としたベルの胴体へ乱舞したとしよう。
ラファだと全Hitで104.4ダメージになる。
一方、スノーホワイトは全Hitで94.4になった。
その差は約10%である。
短絡的な計算になるが、20分討伐なら18分討伐に短縮できる事になる。
これを4人PTで一気に攻めた場合と比較するなら、5分討伐が3分討伐にまで短縮できる事になる。

ちなみに匠スキル発動時、青ゲージでのスノーホワイトで比較検証すると、ほぼ同じダメージとなった。
斬り払いなど、スノーホワイトの方が高いダメージを出せる攻撃もあった。
この計算結果を見て、ラファの性能について一言。
氷属性双剣の1つとして、そこまで飛びぬけた性能ではない。

では、この10%の差を得る為に必要なもの、、、つまり生産素材を比較してみよう。





まず、スノーホワイトの製作に必要な要求素材。
ブリザードファング生産に112,500z、雪獅子の鋭牙x8、カブレライト鉱石x10、轟竜の鋭牙x4
スノーホワイト強化に260,000z、牙獣種の厚毛皮x6、虹色鉱石x6、鋼龍の宝玉x3
合わせると、製作費用が計372.500zとなる。
必要素材を集めるために求められる狩猟数は、こちら。
雪獅子の鋭牙x8=上位ドドブランゴ牙破壊にて約12匹。
 ※猟団クエストなら闘技場ドドババ6匹分
轟竜の鋭牙x4=上位ティガレックス頭部破壊と基本報酬にて約8匹。
 ※猟団クエストなら上位ティガ5匹分
牙獣種の厚毛皮x6=変種ドスファンゴで約10匹。
鋼龍の宝玉x3=HR71クシャで約7匹。


まぁ、普通の凄腕クラスの武器の製作難易度である。
休みの日なら、頑張れば1日で作れる程度の素材要求数だろう。



続いて、ラファール=ダオラの製作に必要な要求素材。
鋼龍双生産に700,000z、鋼龍討伐の証x10、古龍種の靭尾x5、古龍種の厚鱗x4、鋼龍の宝玉x1
ラファール=ダオラ強化に1,625,000z、鋼龍討伐の証x20、古龍種の剛角x5、古龍種の堅殻x8
合わせると、製作費用が計2.325.000zとなる。
必要素材を集めるために求められる狩猟数は、こちら。
鋼龍討伐の証x30=剛種クシャルダオラ30匹分
古龍種の靭尾x5=上記に加え剛種クシャルダオラ5匹追加
古龍種の厚鱗x4=上記狩猟数にて収集可能
鋼龍の宝玉x1=HR71クシャで約3匹。
古龍種の剛角x5=上記に加え剛種クシャルダオラ15匹追加
 ※救済クエストなら剛種オオナズチ5匹分(チケット5枚×5匹分消費)
古龍種の堅殻x8=上記狩猟数にて収集可能


ほぼ剛種クシャだけの素材で作れるのだが、その前に剛種チケットが最低50枚必要である。
このチケット集めから始めると、、、
剛種チケットx50=チケヴォル討伐28匹
、、、が追加される。



ここまで計算した感想だが、、、。
たった10%の為にここまでマゾいのはいらん!
今日もぶっちゃけてしまった。
正直、すまないとは思っている。
だが、自重はしない。

mhf_20090620_125449_546.jpg

剛種武器ならではの高い攻撃力が売りとは言え、実際に効果があるのは属性無視のアクラくらいだろう。
しかし、アクラ専用にしては製作難易度が酷すぎる。
それに、乱舞中心で戦うなら緑ゲージで弾かれる心配も不要である。
ラファ製作にダラダラと長い時間をかけるくらいなら、その間に各属性双剣を揃えてもオツリがくる。
青ゲージのラファより、緑ゲージで各弱点属性の武器を使った方が遥かに強い。
その為には、各モンスターの弱点属性と部位を把握しないといけない。
だが、それはWikiを見れば1分で分かる。
見方が分からないのであれば、いつでも教える。
とりあえず生(ry、、、じゃなくて、とりあえずラファという考えは、もう古いと言いたい。
弱点属性と効果的な部位を事前に調べる事を覚えれば、今後どのシリーズに旅立っても十分に戦っていける実力が自然と身に付く。
しかし、とりあえずラファに頼っていたのではMHF以外のシリーズでは通用しない。



今回の考察は、ある1つの思いで書くことにした。
ラファの素材変更が発表され、慌てて今から作ろうかと迷っている方。
作りたくとも作れる状況にない、と喘いでいる方。
今からラファを作る事で、これから長い時間をそれだけに費やす事になる事を想像して欲しい。
無理に求人などに飛び込んで、楽しくない雰囲気の中で作業に徹する日々。
しかも、作ったところで決して最強の武器では無いのだ。
むしろ、他の武器の方が有効な場面も多い。
そんな事に右往左往するよりも、今の自分のペースでMHFを楽しんで欲しい。
剛翼など、出る時には出るのである。
後から欲しくなっても、十分間に合う。
それでも出ないなら、呼んでくれれば筆者が手伝う。
、、、3鯖限定だが。


とりあえず、今回の考察の結論。
ラファの最強伝説は偽りである、以上。




それにしても、平日に考察すると貴重な狩りの時間が無くなって涙目である。
プー太郎の餌だけはあげてこなければ。
スポンサーサイト
23:18  |  総括  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

いろいろな武器を作りたい、それはあります
今は、究極肉球ハンマーがほしい
飛び出す肉球・・・
トワニトギシラズとかも、面白そう
でも、家具チケットG、敷居が高いです

大剣カッパーホオビーSP、溜めると発光すると聞き、早速作りました
おお・・・きれい・・・

ラファ、たしかに使い勝手もいいです
剛チケ・ティガでも、はめると早いです
でも、持っていないことの差別は、好きではないです
個人的には、ドドンの水属性の方が、有効では?とも思ってますし、ドドンでいくことも多いです

モンスターの属性を調べて、いろいろ作る、それも楽しいですね
いろいろな楽しみ方があっていいと思っています、はい
くりるら | 2009.08.21(金) 00:17 | URL | コメント編集

興味深い考察でした

自分は今メルトウォーリア作ってますが、
同じ火毒双剣ならカクトス系のが断然強い
でも見た目がカッコイイのでメルトウォーリア作ってます

そんな感じで、強さだけじゃなくこだわりを持ちたいですね
 | 2009.08.21(金) 09:15 | URL | コメント編集

笛×1、双剣×3の乱舞で0分針が求人区の目標ですからね。

部位破壊に属性がいるとき以外は、
笛で攻撃力を上げるので、攻撃力の高い
氷:ラファールダオラ、水:ドドン・シザー
の2択になってしまいますね。

ドドンがほしいよ(ρ゚∩゚) グスン
ラファで我慢するか。(´・ω・`)ショボンヌ

ザバ@鯖1 | 2009.08.22(土) 01:06 | URL | コメント編集

コメントありがとうございます。

今、自分が居候している猟団では、求人区など行かない人達ばかりです。
いざラファを作ろうと思っても、剛クシャに行く事だけでも大変です。
本当の初心者さんもいるので、皆さんとは感覚が少し違うかもしれません。
ただ、自分にとって物凄く新鮮な感覚でもあるのです。
忘れていた気持ちを取り戻している、そんな毎日です。

そんな中、やはりラファの強さと素材変更の噂を聞いた事で、心の何処かで浮き足立ってしまっている雰囲気を肌で感じ、今回の記事を書きました。

チケティガの罠ハメも然り、全てのモンスターに対する効率と最適解。
そういう目標も1つの楽しみではありますが、そうじゃない楽しみもあるんだと思っています。
ただ、やはりいつかは通らねばならない剛種への道。
自分がずっと求めて止まない答えが、その過程にあるような気がしています。
もし、いつかメンバー全員が剛種武器を揃えられたら、チケティガの罠ハメもやってみたいですね!
GaD | 2009.08.22(土) 02:51 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://gadxxx.blog85.fc2.com/tb.php/72-6473b920
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。