FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.07/04(Sat)

燃え尽き症候群

ベルキュロスとの死闘が終わってから暫く、どうにも狩りの意欲が湧いてこない。
どうやら燃え尽きてしまったようだ。

mhf_20090704_185137_093.jpg

気分転換に、新しい武器で遊んでみる事にしたのだが、、、

【本文】

ちょうど武器職人が来ていたので、まだ1つも持っていないを作ってみる事に。
この笛、P2G時代にも愛用していたものだが、攻撃力大と強走大が吹ける上に、麻痺も付いている。
スタンを狙って立ち回れば、最高の武器の1つになるのではないだろうか。

mhf_龍木の笛

、、、と、期待に胸を躍らせながら上位ティガレックスに行ってみた。
しかし、スタンは出来たものの、叩けど叩けど麻痺しないのである。
そもそも麻痺エフェクトが全然出てないのだ。
これはリアル運が悪いのか、それとも笛の性質の問題なのか。
また例の如くに、少し意地になって麻痺を狙う立ち回りに変更。

mhf_20090704_185835_890.jpg

柄殴りで必死に叩くも、一向に麻痺する気配がない。
隅っこで笛でも吹いてようかと思ったが、相手がティガレックスなので自重した。
PTメンバーの1人でも離れていると、ヤツは突進を多用してしまうからである。
走られるとPT全体でのDPSが一気に下がってしまうので、ガンナーも気をつけるべき部分だと思う。
ちなみにP2G時代の自分の師匠は、ガンナーでティガレックスに挑む時
拡散弓を愛用していた気がする。
全ての行動が理に適っていた彼のことである。
突進を誘わない手段の1つとして、クリティカル距離の近い拡散弓をチョイスしていたのかもしれない。
回避性能を付けた弓装備での超接近戦(※剣士と並ぶ程の立ち位置)を見ていると、なんだか楽しそうでもあった。
彼もまた、自分と同様に生粋の剣士タイプなのである。

拡散弓用のガンナー装備、今から少しずつでも作成していこうか。
課金装備なしでシミュレートした結果、十分必要なスキルを揃えられそうである。
剛力スキル、高級耳栓、拡散矢威力up、連射、装填数upである。
回避性能も欲しかったのだが、総合的なDPSを考慮すると高級耳栓に軍配が上がる。
溜め4運用を考えているので、ランナーは迷わず切った。
強走状態でもない限り、溜め4の運用は非現実的だからである。
MHFにおける強走薬Gを現地調達できるマカ壷システムは、非常に画期的だと思う。
ちなみにこの装備、ベルFコートとやらを使うのだが、、、

mhf_20090704_125723_093.jpg

そう、またベルキュロスなのである。
猟団メンバーにベルソロクリアの報告をしたところ、猟団のアイドル嬢から手本を見せて欲しいと言われたので再戦することに。
この方とはP2G時代からの友人で、猟団で余り活動しない自分をいつも気遣ってくれる優しい方なのである。
その方の頼みとあらば、断る訳にもいかない。
ただ、正直言うと、、、
当分ベルキュロスは顔も見たくないのである。
こうしてコンビを組んだキリン嬢だが、その防具の雷耐性値は100近い(※全耐性upも使用しているらしい)と言うのだから、これまでの自分の苦労が馬鹿らしくなってくる(w
だが、苦手なモンスターに対して自分に出来る最大限の準備(※装備製作等)をしている事には、大きく感心した。
こういう謙虚な姿勢が、良いハンターを育てると思う。
ベル素材は骨髄がレアらしいので、20分程であっさり捕獲して帰還した。
感想としては、ソロで有効だった立ち回りの多くがPT戦だと無意味なことに気付いたクエストであった。
無難に尻尾も切れたから、今日はとりあえず良しとしておこうか。
次の課題は、ベルソロで培った経験をPT戦でも生かせるようにすることだろう。


それにしても覇気がない。
これは自分の事であるが。
何と言うべきだろうか、ともかく燃えないのである。
そういえば、P2G時代に渾身のTAをしていた時期もそうだった気がする。
俗に言う燃え尽き症候群。
しばらくはケルビでも追い掛けて、心を癒そうかと思う。


、、、しかし、MHF運営は自分を休ませてくれる気など更々無いようだ。

mhf_20090704_181735_375.jpg

とりあえず入魂のために、適当な募集に乗ってみることにした。
そう、狩人祭の真っ只中なのである。
現在の自分の入魂数は、、、あえて書かないでおこう。
せめて3桁には行きたいものである。
そういえば以前の記事でアカムトルム対策本部を書いていた気がする。
アカムトルム対策本部の記事
黒滅龍槍を衝動買いしたので、対策も何もないのだが。
様子を見ながら突く、尻尾はダウン時に突進で切る、以上である。
手抜きで申し訳ない。

mhf_20090704_184026_421.jpg

続いてはヴォルガノスである。
下位なのだが、募集主が15分近く頑張っても誰も集まらない事に絆されての参加である。
結局、自分はお人好しなのである。
匠+剛力スキルの自分が水太刀を背負って参加すると、それに続いて一気に4人集まった。
自由区のハンター達はどこまで現金なのかと思った(w
今回はガード出来ない武器種なので、ヴォルの左足外側から楽に戦わせてもらった。
ここならジャンピングプレスも当たらないのである。
採取装備の募集主に、おにぎりバケツのPTメンバー、なかなか遣り甲斐のあるクエストだった。
トドメも頂いたので、少しスッキリした気がする。
やっぱりPT戦は面白いのだ。

少しヤル気が出てきた時、猟団チャットにてシークレットクエスト情報が入った。
通称シクレと呼ばれる時間限定のボーナスクエストである。
どうやらパリアプリアらしいのだが、、、

mhf_20090704_211249_281.jpg

とりあえず、こんな野良ハンター状態の自分でも追い出さずに置いてくれている猟団に、持っているRPを全部寄付しておく事にした。
使い道は分からないのだが、猟団イベント?に使えるらしい。
猟団クエストなどを含めて、今の自分には余り縁の無いものかもしれない。
それでも何か恩返しをしたいので、寄付することにした。
イラネ、と言われればそれまでなのだが。

mhf_生肉

さて、入魂目的の自由区PTに参加したのだが。
今日もぶっちゃけようと思う。
生肉がもったいない。
せっかくの至急品なのだが、みんな無視してさっさと行ってしまった。
近頃の若者は裕福に育った為だろうか、生肉の有難さを(ry

mhf_20090704_214308_390.jpg

それにしても、このパリアプリア、、、
やっぱり楽しくない。
自分はパリアプリアが大嫌いなのである。
デカイ図体で突進を繰り返し、当たり判定も突進の終わりまで残っている。
剣士としては非常に面倒なモンスターであるのだが。
逆にガンナーだと、カモと呼べる程に弱いモンスターに成り果てるのである。
自分としては、燃えるものが何もないモンスターなのである。
それでも我慢して入魂しないと、いつか追い出されてしまうかもしれないと思ったので、少し頑張ってみることにした。

mhf_20090704_213732_671.jpg

こうして、何とか入魂数も3桁になったのだが。
それでも猟団内ではブッチギリの最下位なのだ。
ブービーからは500P以上も空いているので、正直萎えてしまう。
それもこれも暫くベルキュロス戦に打ち込んでいた為、祭への参加が大きく出遅れてしまった事が大きいのだが。
この狩人祭のシステム、もう少し何とかならないものだろうか。
最終的に貰える祭Pを、チームで割り勘するのが問題なのである。
多く入魂したハンターには、そのまま祭Pを渡すべきだと思うのだが。
でないと、自分のようなハンターは非常に肩身の狭い思いをするのである。
確かに祭Pも欲しいが、頑張った他のメンバーの分まで過剰に貰うシステムはどうなのだろうと思った。
働かざるもの食うべからず、である。


余談だが、
この狩人祭のシステムそのものが、今のMHFにおける絶対効率主義に拍車をかけているとも思った今日この頃である。
かしこ。
スポンサーサイト
23:12  |  HR81~99  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

前回、770だったのですが、1000いって一人前と言われ、高飛車な団長に嫌気が差し、とうとう団を抜けました。
ゆえに今回は、参加していません。
 | 2009.07.04(土) 23:21 | URL | コメント編集

●お返事

コメントありがとうございます。
血の通った人間同士の集まりですから、価値観も違えばプレイ状況も違います。
団長であれば、そこは考慮して欲しいところですね(w
もし新たに猟団を探されるのであれば、同じくらいのHR帯の方や、同じプレイ環境(※in出来る時間など)が自分に合う猟団が一番良いと思います。
なにより、気の合う団長のとこが一番良いです。
幸い自分は、団長とプレイ環境や世代が同じなので、なんとか見捨てられずにいますが(w

自分は3鯖の上位アリーナ(31~50)によく出没するので、もし遊び相手がいなかったら気軽に声をかけて下さいね!
同じ鯖であれば、の話ですが(汗
GaD | 2009.07.05(日) 04:32 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://gadxxx.blog85.fc2.com/tb.php/26-849f9fae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。